製品案内

レディースショーツ

LadiesPanty_NumFull@3x.png

レディースショーツ

マチ付けはオーバーロック。ウェスト・足繰りは扁平縫いでのレース付け

掲載工程とモデル

1. マチ・身頃合わせ縫い

LadiesPanty_Num1.svg
(1-01)-1本針地縫いオーバー(一般)(2146).png

推奨モデル

AZ8003SD-O4DF-8/K2/SC18

地縫い用オーバーロックミシン 「スピード & ドライ」タイプ, 自動空環切り装置 (縦型), セルフクリーニング機構 付き

主な特徴・利点

  • きれいに締まって耐久性や伸度も抜群の縫い目を実現します。
  • 潤滑部を生地に接する部分から遮断するとともに強制循環式潤滑を採用した スピード & ドライ タイプ。生産性を担保するスムーズな高速運転を実現しながら油染みのリスクを最小限に。
  • セルフクリーニング装置が運転中に発生する埃を浮かせて回収。ダウンタイムを削減し、油染みのリスクも抑えます。

2. 足繰りレース付け縫い

LadiesPanty_Num2.svg
(4-33)-レース付け用上飾りなし平3本針(2307).png

推奨モデル

VF2539-156S5-1-8-5/EC + ACCU-10-A1T-10

レース付け用 3(2)本針 5(4)本糸 平ベッド偏平縫いミシン, 右メス付、ストレッチ素材対応, ソレノイド式テープ切り装置 付き, コンピュータ制御テープテンションコントローラ併用

主な特徴・利点

  • 縫製しながら生地端を切りそろえる右メス機構を搭載。
  • Yamato 独自の アクティブスレッドコントロールにより、きれいに締まって耐久性や伸度も抜群の縫い目を実現します。
  • 潤滑部を生地に接する部分から遮断するノンステイン技術を採用。生産性を担保するスムーズな高速運転を実現しながら油染みのリスクを最小限に。
  • EC装置で縫い終わりのテープを任意の箇所でカットできテープロスを削減します。
  • テープに掛かる張力を常時モニターしながら任意の張力に自動調整するACCU-10により、仕上がりサイズが安定します。

3. 脇縫い

LadiesPanty_Num3.svg
(2-24)-2本針バックタック(2311).png

推奨モデル

AZ8020SD-X5DF-8/ABT20/Y

オーバーロックミシン 「スピード & ドライ」タイプ, 自動バックタッカー, セルフクリーニング機構 付き

主な特徴・利点

  • きれいに締まって耐久性や伸度も抜群の縫い目を実現します。
  • 潤滑部を生地に接する部分から遮断するとともに強制循環式潤滑を採用した スピード & ドライ タイプ。生産性を担保するスムーズな高速運転を実現しながら油染みのリスクを最小限に。
  • オペレーターは通常の合わせ縫いの動作を行うだけで、自動的に縫い終わりの空環を吹き返して保持し、縫い初めに縫目に包み込む、自動バックタッカーを採用。縫い初め糸始末の手間を省きます。
  • セルフクリーニング装置が運転中に発生する埃を浮かせて回収。ダウンタイムを削減し、油染みのリスクも抑えます。

4. ウェストレース付け

LadiesPanty_Num4.svg
(4-33)-レース付け用上飾りなし平3本針(2307).png

推奨モデル

VF2539-156S5-1-8-5/EC + ACCU-10-A1T-10

レース付け用 3(2)本針 5(4)本糸 平ベッド偏平縫いミシン, 右メス付、ストレッチ素材対応, ソレノイド式テープ切り装置 付き, コンピュータ制御テープテンションコントローラ併用

主な特徴・利点

  • 縫製しながら生地端を切りそろえる右メス機構を搭載。
  • Yamato 独自の アクティブスレッドコントロールにより、きれいに締まって耐久性や伸度も抜群の縫い目を実現します。
  • 潤滑部を生地に接する部分から遮断するノンステイン技術を採用。生産性を担保するスムーズな高速運転を実現しながら油染みのリスクを最小限に。
  • EC装置で縫い終わりのテープを任意の箇所でカットできテープロスを削減します。
  • テープに掛かる張力を常時モニターしながら任意の張力に自動調整するACCU-10により、仕上がりサイズが安定します。

5. 脇縫い

LadiesPanty_Num5.svg
(2-24)-2本針バックタック(2311).png

推奨モデル

AZ8020SD-X5DF-8/ABT20/Y

オーバーロックミシン 「スピード & ドライ」タイプ, 自動バックタッカー, セルフクリーニング機構 付き

主な特徴・利点

  • きれいに締まって耐久性や伸度も抜群の縫い目を実現します。
  • 潤滑部を生地に接する部分から遮断するとともに強制循環式潤滑を採用した スピード & ドライ タイプ。生産性を担保するスムーズな高速運転を実現しながら油染みのリスクを最小限に。
  • オペレーターは通常の合わせ縫いの動作を行うだけで、自動的に縫い終わりの空環を吹き返して保持し、縫い初めに縫目に包み込む、自動バックタッカーを採用。縫い初め糸始末の手間を省きます。
  • セルフクリーニング装置が運転中に発生する埃を浮かせて回収。ダウンタイムを削減し、油染みのリスクも抑えます。