製品案内

電子制御タオル縁かがり自動機Auto-Runner

THS-MRV_Machine_Transparent.png

簡単な生地のセットでタオル4辺の縁かがりヘム縫いを自動的に連続して行う、タオル縁かがり自動機

  • 生産効率の大幅なアップと均一な仕上がりで品質向上!
  • オートランナー”は電子制御による自動縫製。オーバーラップ作業により能率は抜群です!
  • 豊富な飾り縫いバリエーション!
THS-GM_OutputPhoto.jpeg

簡単な生地のセットでタオル4辺の縁かがりヘム縫いを自動的に連続して行います

THS-GM_DisplayPanelOperation.jpeg

電子制御による自動縫製ですので、オーバーラップ作業が可能です。生産効率の大幅なアップと均一な仕上がりで品質向上が見込めます。

auto_runner_ths-gm_patterns.jpg

コンパクト電子柄出し機構により、豊富な飾り縫いバリエーションが可能です。

簡単な生地のセットでタオル4辺の縁かがりヘム縫いを自動的に連続して行います

Auto-Runner_Flow.jpg

操作方法

  1. タオル地の上に縫製プレートを置き所定の位置にセット
  2. 生地がローディングされ るとワーク送り装置が縫製位置まで正確に移送
  3. 自動的に縫製がスタートし、連続的に四辺 を縫い上げますので、オペレーターは次のタオル地のセット準備をします。
  4. 縫い終わると 空環は自動的にカットされ、ワーク送り装置は縫い上がったタオルをオペレーターの作業位置 まで移送した後、準備された次のタオル地をピックアップします。

電子制御による自動縫製でオーバーラップ作業を可能に

電子制御による自動縫製ですので、オーバーラップ作業が可能です。生産効率の大幅なアップと均一な仕上がりで品質向上が見込めます。

豊富な飾り縫いバリエーション

DWR1 - コンパクト電子柄出し機構

THS-EM_コンパクト電子からだし機構本体.jpeg

DWR1 - コンパクト電子柄出し機構により、豊富な飾り縫いバリエーションが可能です。

標準かがり縫い 、細幅シェルステッチ 、広幅シェルステッチ、工程内での標準⇆シェルステッチの切り替えが可能です。

コーナーは丸縫または角縫仕様。

飾りテープ入れが素早く正確にできるほか、レース付けを同時に行うことも可能です。

オプションの2 本針ゲージセットを用いることで、2本針仕様への切り替えも可能です。 (2本針ゲージセットには、針板、前送り歯、押え(組)、押え腕が含まれます。針幅:2.4mm)。

auto_runner_ths-gm_patterns.jpg